食道に気管チューブ=口内洗浄後、入院患者死亡−熊本(時事通信)

 国立病院機構熊本医療センター(熊本市)は16日、手術を受けた入院患者の60代男性が、人工呼吸の気管チューブが食道に入って酸素不足となった後、死亡したと発表した。同病院は直接の死因は不明としながら、ミスがあったとして遺族に謝罪し、熊本北署に通報した。外部の医師らを含めた調査委員会を設け、原因究明を進める。
 同病院によると、男性の大動脈瘤(りゅう)手術後、けいれんを伴う意識障害が出たため、5日から気管にチューブを入れ人工呼吸を施した。看護師が9日、チューブを入れたまま口内洗浄したところ、男性は血中の酸素濃度が急激に低下し、心臓が一時停止するなど危篤状態に陥ったという。
 医師らが調べたところ、チューブが食道に入り込んでいることに気付き、挿管し直して救命措置をした。男性はこの後に脳死状態となり、14日に死亡した。 

<安保防衛懇>メンバー発表…18日に初会合(毎日新聞)
桜の開花日 予想ばらばら 民間3機関(毎日新聞)
<JR東海道線>また「あすか」 草津駅で線路に人(毎日新聞)
建設産廃処理は元請けに責任…環境省が改正案(読売新聞)
夫婦別姓で千葉法相「亀井氏を説得していく」(産経新聞)
[PR]
by nla8bpgpjp | 2010-02-23 16:09