日赤、職員2人を追加派遣=チリ大地震(時事通信)

 南米チリで起きたマグニチュード(M)8.8の大地震で、日本赤十字社は6日夜、職員2人を現地に追加派遣した。国際赤十字・赤新月社連盟が日赤に提供するよう要請した医療資機材の受け入れ準備に当たる。派遣期間は24日まで。医療資機材は8日以降、成田空港から数回に分けて現地に送られる。
 追加派遣されたのは、横浜市立みなと赤十字病院事務職員の長島教子さん(34)と日赤本社の女性通訳。日赤は先月28日にも、被害調査のため職員1人を現地に派遣している。 

【関連ニュース】
【特集】2010年チリ大地震〜M8.8の巨大地震〜
【特集】ハイチ大地震取材体験記〜被災地の1週間〜
〔写真特集〕ハイチ大地震
〔写真特集〕2010年チリ大地震〜日本にも津波〜
邦人管理職も四苦八苦=チリ大地震で事業打撃

「話聞かない」弟と殴るける…夫が死亡(読売新聞)
衆院文科委 朝鮮学校あす視察(産経新聞)
犬繁殖業者 狂犬病予防法違反容疑などで逮捕 兵庫県警(毎日新聞)
条項削除、前提にせず=教員の罰則適用検討で−川端文科相(時事通信)
女性に乱暴、男に懲役6年=「性犯罪審理、問題ない」−茨城(時事通信)
[PR]
by nla8bpgpjp | 2010-03-09 01:15