舞鶴発電所死傷事故で2人起訴=1人は不起訴−京都地検(時事通信)

 関西電力舞鶴発電所(京都府舞鶴市)で昨年6月、作業員3人が死傷した事故で、京都地検は1日までに、業務上過失致死傷罪で建設会社「光工業」(兵庫県姫路市)の主任技師(52)、板金工事会社「能代テック」(秋田県能代市)の元工事課長(44)を在宅起訴した。
 2人とともに書類送検されていた関西電力子会社「関電プラント」(大阪市)の担当係長(41)については、不起訴処分とした。
 起訴状によると、主任技師と元課長は排気ダクトの組み立て作業で、重量約2.8トンの鉄板の転倒防止策を取るよう指示することなどを怠り、鉄板が倒壊。下敷きになった作業員2人を死亡させ、1人に重傷を負わせたとされる。 

【関連ニュース】
被疑者不詳で書類送検=作業員2人死亡、業過容疑
工事現場に男性遺体=遺棄容疑で20歳男逮捕
電線撤去中に電柱倒れる=作業員の男性死亡
現場責任者ら2人を書類送検=作業員死亡事故で
安全管理責任者らに罰金=4人死亡三菱化学火災

警官装い「事件の証拠品として預かる」 忘れ物の免許証詐取した男逮捕(産経新聞)
改正介護保険法施行法が成立(医療介護CBニュース)
頭部ない女性の全裸遺体、スーツケースに(読売新聞)
雑記帳 「国内初のクレーター」公式認定めざし論文(毎日新聞)
GW長い休み取りやすい、海外旅行4・3%増(読売新聞)
[PR]
by nla8bpgpjp | 2010-04-05 22:57