不法残留の韓国人男性自殺=東日本入国管理センター−茨城(時事通信)

 入管難民法違反(不法残留)で強制退去処分を受け、法務省東日本入国管理センター(茨城県牛久市久野町)に収容されていた韓国人男性(47)が、自殺を図り死亡したことが、10日分かった。
 同センターによると、男性は9日午後4時半ごろ、収容施設内のシャワー室で首をつっているのを入国警備官が発見。男性は病院に搬送されたが、死亡が確認された。
 シャワー室は、一定の時間で房内から自由に行き来できる場所だった。男性は昨年11月、強制退去処分を受け収容されていた。
 同センターでは2月にも、収容中のブラジル国籍の男性(25)が、房内でごみ袋をひも状にして首をつって自殺している。 

【関連ニュース】
不法残留、10万人割る=法務省
ミャンマー人男性は「難民」=不認定処分取り消し
「指紋テープ」で不法入国=韓国人の女2人を逮捕
老舗旅館社長ら書類送検=不正に中国人働かせた疑い
在留資格不正取得で裏ビジネス=フィリピン人ニューハーフに

愛子さま、始業式後の授業にご出席(産経新聞)
カラ残業訴訟で大阪市が逆転敗訴 大阪地裁(産経新聞)
<東京・瑞穂の遺体事件>同居の33歳女を殺人容疑で再逮捕(毎日新聞)
川崎マンション火災 3歳の双子死亡、祖母は重体(毎日新聞)
松山市長、首長新党に「個人的エール贈る」 参院選も出馬せず(産経新聞)
[PR]
by nla8bpgpjp | 2010-04-14 03:53