関東北部、甲信で大雪の恐れ=気象庁(時事通信)

 気象庁は11日午後、同日夜から12日明け方にかけ、関東甲信地方の広範囲で雪が降り、関東北部や甲信を中心に大雪となる恐れがあると発表した。また、新島と伊豆諸島南部では雷を伴い激しい雨が降る可能性があるという。
 11日午後3時現在、四国付近に前線を伴った低気圧があり、同日夜に伊豆諸島付近を発達しながら通過する見通し。
 12日午後6時までの予想降雪量は、いずれも多い所で長野県30センチ、関東北部山沿いで20〜30センチ、関東北部平野部などで8〜15センチ、東京都多摩地方などで5センチ。東京23区では積雪とはならない見込み。
 気象庁は、雪による交通障害や路面凍結に注意するよう呼び掛けている。 

【関連ニュース】
九州南部大雨、関東甲信は大雪=低気圧通過で警戒を
強風、大雪に警戒呼び掛け=北・東日本で冬型続く
北・東日本で大雪、強風=交通に影響、警戒を
日本海側中心に大雪、警戒を=鉄道や航空に影響
1月前半寒く、後半温暖=降雪量少ない

五輪モーグル 「4年後も」8位村田、満面の笑み(毎日新聞)
婚姻届のため秋田に帰省、カップル事故死(読売新聞)
<公務員制度>次官〜部長「同格」に 政府方針(毎日新聞)
アカハラ“加害者”を支援 処分基準なく複雑化…再発防止へ(産経新聞)
日韓外相、北核問題で連携確認(産経新聞)
[PR]
by nla8bpgpjp | 2010-02-17 02:01